竹かごや 市川商店

鹿児島県白竹 弁当箱 中・大・特大・大二段 4種

鹿児島県は日本でも有数の竹林保有面積を誇る「竹大国」と言えます。
その半数を占めるのが見るからに生命力に満ちた太い孟宗竹です。
孟宗竹は肉が厚く、硬いので、細いひごにするのには大変な苦労があります。
その為、竹のへら等の調理道具やスプーンなどのカトラリーに加工されることが多いです。

逆にざるやかごなどの編組(へんそ)品は真竹で作られることが多いです。
孟宗竹に比べ、真竹は肉が薄く、格段に細く、薄く、長いひごを作りやすい、
つまり、かごやざるのための材料が作りやすいと言えます。

こちらは、その青い真竹を天日干し、または煮沸などの熱処理にて
竹の油と色を抜いた「白竹」を使って作られた、弁当箱です。
このページでは、中くらいより大きい4つのタイプをご紹介します。
写真下の中サイズから時計回りに大サイズ、特大サイズ、大の二段サイズの4種類です。


九州地方では昔このタイプの小さいかごが子どもたちのお弁当箱だったと言います。
程よく通気してくれる竹を編んだ弁当箱は、今や生産する職人が少なくなってしまっています。


4サイズとも、基本的な作りは同じです。


「ひしぎ編み」という編み方でも呼ばれるこの編み方は、
九州の白竹でつくる弁当かごによく見られる編み方です。


こういった竹で作る四角いかごを総称して「角物(かくもの)」と呼ぶこともあります。
角物を作る方は、角物を専門にすることが多いです。
よく見られる丸や楕円のかごとはな作り方が違うためです。


材料(パーツ)を、あらかじめ曲げておくなどの用意をしておき、組み上げていきます。


縁の部分も特徴的です。
硬くて、真っすぐな竹を火を使って、直角に近い角度に曲げたり、


目に見えるところに真鍮釘を使って、竹を留めたりすることも多いです。


この釘は内側でちゃんと折ってしまわれているので、ご安心ください。


底は幅の広いひごが筏底編み(いかだそこあみ)という、丈夫な編み方になっています。


裏返しても、その端正な編みは変わりません。


蓋がかちっとはまるところも、角物ならではです。そしてこれが、職人の技術です。
蓋を開け閉めするときも楽しくなるような気持ちよさです。


このように「編み細工」というよりは、「竹組み細工」と呼ぶこともあるほど、
他のかご細工とは作り方が変わってきます。しかし、それこそが、この角物の魅力と言えます。
比較的硬質で真っすぐなひごが整然と組まれていく、この白竹の弁当箱の作りは、
柔らかい素材の編みかごとは別のソリッドな「美」が感じられます。


それでは、それぞれのタイプをご紹介します。
こちらは中サイズです。このページにおいては一番小さいサイズです。


内寸横幅約18cm、奥行が12cmほどで、高さが約5.5cmです。


多めの一人分から少なめの二人分程度のお弁当が入る大きさになっています。


こちらは大サイズです。大の一段タイプです。


内寸横幅約22cm、奥行が18cmほどで、高さが約5.5cmです。
A5判の紙がちょうど収まります。


実は元々このサイズは定番ではありませんでしたが、
お客様からのご要望が多かったため、実現しました。
高さは違いますが、三段手つき弁当かごのかご部分サイズと横幅と奥行は同じです。
二人分ほどのお弁当が詰められそうです。


続いて、特大サイズです。
こちらが職人さんが作る弁当箱の中では一番大きなサイズです。


内寸横幅約25cm、奥行が20cmほどで、高さが約6cmです。
B5判の紙がちょうど収まるサイズです。


2〜3人分のお弁当が入れられそうです。
ご家族で出かける時におにぎりやサンドイッチだけを
目一杯ここに詰めていくのも良さそうですね。


最後はこちらの大サイズの二段タイプです。


内寸、横幅と奥行きは大サイズと同様で、横幅約22cm、奥行が18cmほどです。
高さは上段が若干浅く4cmほどで下段が他のサイズと同様に約5.5cmです。


こちらでしたら、上段はおかず、下段はおにぎりなどと分けてつめれば、
3〜4人でも楽しめそうな量が入りそうです。
その他、リビングで使うものの収納かごとしても使い方が広がりそうです。


白竹の黄色味の強い風合いから和食やおにぎりのみならず、
サンドイッチやパンなどの洋食との相性もとても良いです。
かごは編み目にすき間があるので、ほどよく通気して、蒸れにくいところがよいところです。


反面、水分のあるおかずなどには、向いていません。
できるだけ乾いたおかずを入れていただくといいです。
クッキングシートやワックスペーパー、ラップや布等を適宜敷いたりすると、
かごへの汚れも気にせず使えると思います。

使い終わりましたら、タワシなどを使い、水洗いしていただき、
よく水を切って、蓋を外して、しっかりと乾燥させてください。
また、シートやペーパーの使用でほとんど汚れていなければ、蓋を開けて、よく乾燥させてください。
揚げ物などで、油が付いた場合は、少量の洗剤をつけても大丈夫です。
その際、よく水ですすいでください。

弁当箱という名前ですが、小物入れや道具入れとしてお使いただく方も多くいらっしゃいます。
文具や薬類など、日々使うものを入れて、リビングに出しておいても、
蓋があるため、景観を保てるのもうれしいですよね。

ご家族のサイズやお使いいただく場面に合わせて、お好みサイズをお選びくださいませ。



サイズ/重量
中サイズ:約20x14x高さ8cm/180g
大サイズ:約23x19x高さ9cm/270g
特大サイズ:約27x22x高さ9cm/360g
大の二段サイズ:約23x19x高さ14cm(上段+蓋高さ8cm、下段6cm)/450g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

弁当箱の内側には竹を曲げるために熱を加えた名残で少し黒ずむことがありますが、
品質に問題はございません。
また、表面も竹特有の模様・斑点などが見られることがありますが、
自然の風合いと予めご了承いただき、ご購入くださると幸いです。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 9,500円(税込10,450円)〜17,000円(税込18,700円)
中サイズ大サイズ特大サイズ大の二段サイズ
12,000円(税込13,200円)
在庫なし
サイズ

サイズ
中サイズ大サイズ特大サイズ大の二段サイズ
12,000円(税込13,200円)
在庫なし

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ